タイでの求職

2014年の軍事クーデター後、タイは東南アジアで経済が最も急速に成長した国から、縮小しつつある国の一つになっています。

投資家達を安心させ、経済成長を助けるために、政府はインフラプロジェクトに何十億もの投資をし、外国人投資家とのビジネスを切望しているのです。-ですから 今は、違った雇用のオプションを調査するに良い時期かもしれません。世界銀行は、2015年のEase of Doing Business Survey誌で、タイを189カ国中の26位とランク付けしています。また、電気は12位、建設許可は6位、契約の実施は25位と高く評価されています。

タイ人は一般的には、ビジネス習慣が尊重される限り、仕事を探す外国人に友好的です。タイで仕事を探す前に、あなたが希望するライフスタイルをはっきり持つことです。-でなければ、あなたが金融関係の役職に興味があるか、又は南方の島でダイビングを教える事に興味があるか等に関わらず、就職活動の場所や方法が期待と裏腹に進んでいきます。

あなたが持つスキルや希望しているライフスタイルによっては、多国籍の企業が集まるバンコクや、賑わう中心地に雇用のチャンスはあります。殆どの企業は地元のプロを雇用したがりますが、専門的な知識と技術があれば、物流業界や金融業界で交渉する立場になるかもしれません。外国人の最高賃金での雇用のチャンスは、海外移転する事で見い出だされます。

外国人の主な職種

外国語(TEFL)としての英語教師

地方よりも高い賃金を提供する比較的簡単なセクターは、TEFLの仕事です。タイに住んでから教職のチャンスを待つのではなく、移住前に海外からアクセスした方が高い賃金を期待できます。適した資格があればオンラインでの仕事のチャンスがあります。

もし既にタイに住んでいるなら、資格取得のコースを受講し、国際学校や語学学校での賃金のよい教職につく事もできます。もし既に教職についているなら、賃金の良い私立学校で働く事を検討してみてください。小規模な機関なら、設備不足や実働時間に不満を感じるかもしれません。

観光業界

バンコク以外に地域に住む外国人が注目するのは、ダイビング資格(PADI)を持った仕事で、資格はタイに滞在する間に取得する事もできます。ダイビング講習/または“ダイブクルーズ”-従業員が住み込み、観光ツアーのボートで仕事をします。-タオ島、ピピ島、クラビなどで人気があります。タイのこういった業界では、特有のライフスタイルを提供され、専門スキルがあれば比較的簡単に入って行けます。

多国籍企業/専門職

殆どは地元の専門家を雇用しますが、適切な資格と経験があれば、バンコクでは多くの外国企業が仕事を提供しています。

不動産/資産

ある企業では、タイムシェアの販売や開発で外国人を雇用します。-CBREとAbsoluteを参照して下さい。

採用

タイに来る前に必要な資格を取得しておくか、タイ滞在中に取得する事も可能です。そしてそれがあなたの収入にどう影響するか調べておくと良いでしょう。英新聞の仕事のセクションをチェックするのも良いです。ネットワークを作る事も大事です。タイでは良い関係を築く事が大切です。イギリスやアメリカのようにカバーレター(履歴書に添付する自己アピールに有効な文書)を作成し、募集外でも提出してみてください。空席を宣伝していない場合もありますから。就労許可の申請で必要な非移民ビザを持つ必要があります。賃金をタイ通貨か米ドル(母国通貨)で受け取る交渉を忘れないでください。LinkedInやThe Thailand Lifeなど、オンラインで仕事を検索したり、国内の募集代理店に登録しておくことも効果的です。

ビザと就労許可

現在、タイで仕事を得た後は、ビザ取得は問題はありません。しかし必要条件が変更される可能性もあるので、大使館または領事館で最新の詳細をお問い合わせるべきです。タイで長期滞在したい場合は、ビザと就労許可の両方を満たし、英語またはタイ語で提出しなければなりません。

全員に必要:

・入国後6ヶ月間有効なパスポート
・ビザ申請書
・申請者の最近の顔写真
・滞在のために十分な財政の証明

観光ビザ

滞在期間が30日未満であれば、アメリカとイギリスを含む国々の市民は、観光ビザは必要ありません。それ以外は、60日間有効なタイの観光ビザが必要です。 観光ビザの全ての申請者は、旅行の前に証明が必要となります。

非移民ビザ-B&Oタイプ

タイに入国したい人には、学生ビザや就労ビザ他、観光ビザではない色々なタイプのビザがあります。すべてのタイプの非移民ビザの取得には、下記のものが必要となります:

・ビザ申請書
・6ヶ月間有効なパスポートとコピー
・2枚の最近のパスポート写真
・適切な財政の証明
・労働社会福祉省からの受け入れの書面

外国人として、追加の書類を提出しなければいけない場合もあります。これは大使館の裁量に委ねられます。タイで働きたい外国人の一般的なビザは、非移民Bというビザです。あなたの旅行の目的を証明する地元のタイ大使館からの書面、承認された雇用主からの招待状が必要で、雇用主の署名と密封されていなければいけません。

非移民0のビザは、タイ市民の配偶者や扶養家族、またはタイで退職したい外国人に適しています。

労働許可

雇用とビザを得たら、タイで働き始める前に、タイ労働省から労働許可証を取得しなければいけせん。有効な非移民Bビザを得られたら、最初は90日間の一時就労許可が与えられるので、一時的な労働許可を申請する必要があります。入国管理局で、「滞在許可証の延長」と呼ばれる長期就労許可を申請することができます。許可なしにタイで働けば、移送されたり刑務所の判決を受ける可能性があります。就労許可の要件は職種によって違う事もあるので、すべての書類が適切になっていることを確認してください。殆どの場合に要求されるものは、

・申請者が仕事に必要な経験や資格を持っている事
・パスポート用の写真
・元のパスポート
・申請者の雇用を確認できる雇用主の書面
・資格の証明書
・タイでの居留証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です