環境の正義:タイにはもっと仕事がある

タイ政府は、違法漁業や労働虐待に着手し改良されてきましたが、欧州連合(EU)が2015年に発表した「イエローカード」から抜け出るには、まだ長い時間を要することが、環境正義財団(EJF)の発表で明らかになりました。

タイの農業協同組合省が従う、ロンドンを拠点とする人権擁護団体は、タイはまだ3歳の地位を引き上げる準備が整っていないと述べています。

「タイは、漁船が監視技術、検査制度、捜査下の執行活動で新しい法令に準拠し、重要な進展を見せている」と、EJFのエグゼクティブディレクター、スティーブ・トレント氏は述べました。氏は、3月にタイの2人の副首相会ったということです。

又、「しかしながら、港湾検査に起因する艦隊の余剰能力や執行措置については、まだ実施されていない重要な措置がある。タイは持続可能な漁業管理における地域的また国際的リーダーとしての役割を、将来的に果たす」と述べました。

タイ政府に対するEJFの具体的な提案の中で:「明確かつ時間制約船舶廃止プログラム」にコミットし、優先順位付けの「最古の船舶、最も有害なもの、違法漁業で最も使われる船舶」は、一貫して被害者中心のアプローチを適用し、移民クルーには通訳者を利用できるようにします。

EJFは又、労働者には団体交渉権と、そのための大きなコミットメントが必要であることを示唆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です