タイで仕事を探す:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

タイで外国人として就職できますか?

まあ、端的には、はい、可能ではあります。では簡単かというと?いいえ!もし英語教師になるなら話は別ですが、それ以外なら簡単ではありません。英語教師を考えているなら、ここから別の投稿へと向かって下さい。英語教師以外を探しているなら続きを読んで下さい…(勿論、両方のオプションがあるなら開いたままにしておいて下さい!)

タイで外国人/ファラン(西洋人)として職探しのチャンスは?

タイであなたは仕事を見つけられるでしょうか?まあ、正直言って、チャンスはかなり狭く、駐在パッケージは殆ど無く、これは既に従業員となっている人にのみ提供されているのが現状で、もしチャンスが来たときには競争率が高いのです。

何故それほど難しいのですか?

理由は色々ありますが、下記が主な理由です。:

-面倒:タイでは外国人を雇うのに、多くのルールがあり、企業はそれに従わねばなりません。
-コスト:タイでは外国人の雇用の過程で、ビザ、労働許可、弁護士費用などの高いコストがかかります。
-外国人比率:タイ人スタッフx (数) 人につき、1人の外国人しか雇用できません。
-給料:外国人の給料は通常、タイ人スタッフより高く、例えその外国人が低い給料で満足しても、法律で最低賃金がタイ人スタッフより高く決められているのです。
-不要:英語を流暢に話せるタイ人がとても増えて以来、多くの企業は外国人を雇う必要がなくなったのです。それは海外で育ち、英語をネイティブレベルで話すタイ人も含まれています。
-文化的な障壁:タイ人労働者と英語圏労働者の間には、労働倫理や態度を含め全てにおいて、大きな違いがあります。

ですから、まとめると、タイで外国人が仕事を見つけるのは可能ではあるので、もしこれらのリスクを考慮しつつ働きたいのなら、私のこのガイドを読んで下さい!

いつ仕事を探し始めますか?

タイで仕事を探す方法は3つあります:

自宅から-Expat パッケージ:来る前に探すものですが、移転パッケージで、通常は高度な熟練した仕事にのみ提供されます。殆どは企業内で募集します。それで仕事を得た人はいるものの、重要が狭ければ簡単ではありません。

自宅から-タイで宣伝されている求人情報:もしSkypeでの面接が不可能な国にいても、タイの地元サイトで宣伝されている仕事を見つける事ができます。しかしながら、現場で直接面接できる人の方が有利になります。

タイから-タイで宣伝されている求人情報:タイに滞在している方が仕事を見つけるチャンスは高いです。又、この3つの方法を組み合わせる事もできます。その方が短期間で仕事を見つける事ができるでしょう!

どこから仕事を探し始めますか?

例えばキャリアリンクのような人材紹介会社に登録して探してもらうのも一つです。

可能であれば、The Bangkok PostやThe Nationなどの英語の新聞で探す事もできます。ヒント:もしケチって仕事セクションのためだけに新聞を買いたくないのであれば、パブ、カフェ、ホテルロビーにも新聞が沢山あります!

又、バンコクには数多くのネットワーキングイベントがあり、そこでも有効な接触が期待できるかもしれません。しかし私は実際にそこから仕事を得たという人は知りません。

どんな職種がありますか?

最高雇用数の職種は、これらのセクターに分類されます:ITとコムズ、マーケティングと広告、編集。 又、NGOの仕事もあります。

どんな仕事が禁止されていますか?

一般的に、タイ人がその仕事をする事ができるなら、企業は外国人を雇う正当な理由がなくなるので、雇用することができません。

タイで仕事が見つからない場合は、どうしたら良いですか?

あたなの期待を調整する:タイに住むのが好きですか?もしそうなら、期待した給料の額を下げるか、他の分野の仕事を探すほうが良いでしょう。

探し続ける:どのくらい仕事を探しましたか?私はほぼ6ヶ月間探し続けました!

他のオプションを見る:他の国から遠隔でできるフリーランスの仕事を探すのも良いです。なぜかと言うと、1ヶ月に数個のフリーランスの仕事をするだけで、タイで支払われる賃金よりも、はるかに高い可能性があります。又、遠隔でも正社員の仕事があり、自宅で行なう事ができます。是非これで全ての国をチェックしてみて下さい。