日本はハイテク人材のためのローンを提供

日本国際協力機構(JICA)は、ハイテクとイノベーションを扱う産業の人材育成プロジェクトを支援するために、27億バーツをソフトローンでタイ政府に提供しています。

PMのKobsak Pootrakool閣僚のアドバイザーであるNathporn Chatusripitak氏は、この融資制度は、製造とサービスにおける二国間人材育成計画の一部であると述べました。

彼は最近のジカ調査を引用し、タイの日本企業は、電子工学とその技術者がもっと必要であることを発見しました。

ジカの調査によると、既存の製造技術者の52%は質が不十分で、タイの技術者の71%は設計知識が不十分です。タイにはシニアエンジニアもいません。

この計画の下に、ジカはタイの教育機関と協力し、製造と革新のために特別コースを作る予定です。

又、プランのパートナーであるジカは、人材援助の上で、融資や助成金受給者の審査などの技術的専門知識も提供しています。

Nathporn氏は、ジカの融資枠は、新くできるハイテク産業で人材育成のために、最近政府から承認された35億バーツの予算の一部であると述べました。

この資金は、2017年に160万人から増加し、2036年までに470万人の職業訓練生を創出することを含み、労働者を向上させるために教育省によって要請されました。

2019年度予算の8億バーツは国内機関向けです。残る27億バーツは、人材アップグレードを計画している研究所と起業家のために、年利0.3%のソフトローンとして、ジカによって提供されます。

タイの3,000人の学生と、海外からの500人の教師の奨学金には、27億バーツの一部が配分される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です